ホーム > 各駅ご紹介 > 浦賀駅

京急線お役立ちコンテンツ:京急線中毒

更新履歴

  • 2008/1/20 サイトリニューアル

浦賀駅:京急線中毒

さいごのえきは、歴史の幕開けのえき。

浦賀は陸地深く入り組んだ天然の良港で、古くから港町として栄えてきた。日米修好条約批准のため、勝海舟らが咸臨丸でアメリカに向けて出航したところとしても知られている。
歴史的に見ても大変貴重な街、浦賀。
京急線本線の終点駅として、今日も大役を担っている。

おすすめスポット:京急線中毒

観音崎

観音崎

県立観音崎公園として整備され、日本最初の洋式灯台である観音埼灯台が立地するほか江戸時代後期に築かれた砲台と弾薬庫跡が多く残る。
園内にはこのほか観音崎自然博物館があり、横須賀美術館が2007年4月に開館した。