ホーム > 各駅ご紹介 > 青物横丁駅

京急線お役立ちコンテンツ:京急線中毒

更新履歴

  • 2008/1/20 サイトリニューアル

青物横丁駅:京急線中毒

江戸時代、ここは鮮やかな市場だった。

青物横丁。その変わった駅名は、江戸時代にこの場所で農民たちが野菜を持ち寄って市場を開いたことが由来となっている。
今ではそういった市場は姿を消したが、活気付いた街であることは変わりない。
市場と同じように、あなたをわくわくさせる「何か」に出会えるかも。

おすすめスポット:京急線中毒

パステル

パステル

イオン内でのおすすめはなんといってもなめらかプリンで有名な「パステル」。
一回食べたら確実にハマッてしまうプリンは、かなりおすすめ。
プリンだけでなく、いろんなスイーツをそろえているので、ついついあれもこれも買ってしまうのは、「仕方ない」の言葉で片付けちゃって構わないです。